2011年9月10日 土曜日

武尊山

2,158 m

 2時起床、2時35分出発。裏見ノ滝駐車場には4時50分到着。夜明け前にもかかわらず、すでに5、6台の車が停まっており、中にはテント泊をしているグループもいた。空は予報どうりの快晴で、稜線や山頂からの広大な眺めを存分に楽しむことができた。膝の故障と天候不順で2ヵ月間山から遠ざかっていたが、これで少し留飲を下げることができた。膝への負担軽減を考えて、スタートから極力ゆっくり歩いたが、想定以上にコースタイムをオーバーしてしまった。そのため行動時間が長くなり、最後は飲料水も不足して疲労困憊となってしまった。ジョギング等によるトレーニングの効果はあったはずだが、十分な山登りの体力は、やはり山に登ってつけるしかないと感じた。

 帰りの道路は渋滞もなくスムーズに走れたが、下山時間が遅かったので、帰宅は19時半となった。懸案の左膝は、痛みこそ出なかったものの、また水がたまっていた。様子を見ながら、今後の登山計画を考えたい。

登山コースデータ
単純標高差 : 1,058 m
累積標高差 : 1,280 m
コース距離 : 12.0 km
標準コースタイム : 7 時間 5 分
歩行データ
総歩行時間 : 9 時間 40 分
総行動時間 : 11 時間 20 分

 コースタイム

裏見ノ滝駐車場 5:15 ⇒ 6:15 武尊林道終点 6:20 ⇒(休憩5分)⇒ 9:15 剣ヶ峰山 9:40 ⇒(休憩5分)⇒ 11:20 武尊山(沖武尊) 12:15 ⇒(休憩5分)⇒ 手小屋沢避難小屋 14:20 ⇒ 武尊林道終点 15:35 ⇒ 裏見ノ滝駐車場 16:35

4:50 裏見ノ滝 駐車場

身支度を整えているうちに明るくなってきた。5:15 駐車場を出発。

すぐ先の武尊神社を過ぎると登山口へ続く林道がある。

まだ薄暗い林道を歩く。

途中、樹林の切れ間から剣ヶ峰山が見えた。

1時間ほどで林道終点に着いた。

おにぎりを食べていたら、集団に追いつかれた。5時台スタートなのに人が多い。

集団とは分かれ、まずは剣ヶ峰山へ向かうことにした。

獅子ヶ鼻山が樹間に見えた。

沢をいくつか渡って先へ進む。沢の音が心地よく、青空の広がりにテンションが自然と上がる。

徐々に坂がキツくなってきて、山登りらしくなってきた。

下りでは使いたくないと誰かが書いていたが、確かに岩ゴロと根っこが滑りやすくて厄介だった。

立派なブナの木が度々目についた。

東側に見えた武尊山。

ホシガラスの子どもが樹上で派手に鳴いていた。

膝への負担を考えながら、ゆっくりゆっくり上った。

出発から3時間を超えてもまだ剣ヶ峰山は遠かった。

西側を振り返ると谷川連峰、白毛門と朝日岳などの山並みがよく見えた。

9:05 剣ヶ峰山直下の分岐を通過。ここから山頂まではもうひと上り。山頂付近に人の姿が見えた。

9:15 出発から4時間で剣ヶ峰山(2,020m)に到着。入れ替わりで誰もいない山頂を独占した。

北東方面にはこれから向かう武尊山がそびえる。右隣は中ノ岳。

稜線はさらに家ノ串山、剣ヶ峰、前武尊と続き、家ノ串山と剣ヶ峰の間には日光白根山が見える。

前武尊の右、南東方面の皇海山(中央)と袈裟丸山(右)。

南方面には赤城山。黒檜山、長七郎山、地蔵岳、荒山、鈴ヶ岳と並ぶ。

赤城山の右奥には幽かに富士山も見えていた。

南西方面。子持山と榛名山。右奥にはうっすら八ヶ岳が見える。

西北西方面の谷川連峰。左から仙ノ倉山、万太郎山、谷川岳、一ノ倉岳。

北西方面。左から武能岳、白毛門、笠ヶ岳、朝日岳、大烏帽子山と続く。

北北西の巻機山。左は柄沢山

北方面。武尊山の左に平ヶ岳と至仏山も見えた。

羽虫の大群に何度か撮影を邪魔されたが、山頂はまさに360度の絶景。右に見えるのは玉原湖。

9:40 武尊山へ向かう。

稜線上は日差しがまともに当たって、予想以上に暑かった。

剣ヶ峰山から武尊山へと続く稜線歩きは解放感があって、ひじょうに気持ちよかった。

背後には鋭角な剣ヶ峰山。

小さなアップダウンを繰り返しながら進む。

稜線を吹き抜ける風が心地よかった。

なかなか近づいてこない武尊山。

後ろを振り返るとけっこう歩いたことが分かる。

1975mピークを越えたあたりで、「ここから大変だよ」と、すれ違ったおじさんに声をかけられた。

剣ヶ峰山から1時間が経過。

膝をいたわりながら着実に高度を稼いだ。

11:00 やっと山頂下の坂までたどりつく。

雲が出始めていることを気にしながら足を運ぶ。

ときおり振り返って眺めを楽しみながら、ガレた最後の上りを進む。

11:20 ついに武尊の山頂に到着。狭い山頂は多くのハイカーでにぎわっていた。

空いていた南西側の一番よい場所に陣取った。

東側に見えた中ノ岳と家ノ串山。

東側の稜線はさらに剣ヶ峰へと続き、その先は川場尾根が麓まで延びている。

北側はハイマツが邪魔で写真が撮りづらかった。

燧ヶ岳はしっかり見えてきた。

至仏山は雲が取れそうで取れなかった。

南西方面。中央の剣ヶ峰山へと続く稜線が一望できる。右は獅子ヶ鼻山。

谷川連峰もよく見えていた。

12:15 記念撮影をしてから下山開始。

昼になって山頂は大混雑の様相を呈していた。

北西の谷川岳方面を眺めながら、手小屋沢避難小屋を目指す。

灌木帯をどんどん下る。

みるみる武尊山の山頂が遠くなって行く。

剣ヶ峰山の上に雲が出てきた。

ゆっくり下るので、何人ものハイカーに追い越された。

膝に痛みはなかったが、辛抱強く自重した。

最初のクサリ場。

鎖を使わなくても降りられるが、上りよりも危険なので慎重に歩を進める。

開けた場所からふと見ると、至仏山の雲がとれていた。左手前の山は笠ヶ岳と思われる。

クサリ場が連続する。鎖と梯子を下りてまた鎖。

他の登山者が後ろから迫っていたが、焦らず慎重にせっせと進んだ。

本日最長のクサリ場。足場はしっかりあるので、それほどの危険はない。

下山を始めて1時間経過。

最後のクサリ場もクリアして、先へ進む。

根こそぎ倒れた松の木の脇を通る。

だんだんと疲れで身体が重たくなってきた。

1時間半を過ぎても小屋はなく、道を間違えたかと何度も地図を見返した。

14:20 ついに手小屋沢避難小屋の標識に到着。コースタイムを45分もオーバーしていた。

下りがまだまだ続くので、とにかくゆっくり進む。飲み物も残り少なくなって、完全にバテてしまった。

15:35 やっと林道終点。小屋から40分のコースに75分かかった。ここからは平坦な道が続く。

陽が傾き始める中、重い身体を引きずるように歩いた。武尊神社が見えたときは嬉しかった。

武尊神社から駐車場は目と鼻の先。

16:35 ついに駐車場に到着。こんな時間になるとは思わなかった。お疲れ様でした。