三ツ峠山(開運山) 1785m

 3時起床、3時40分出発。現地には6時過ぎに着いた。前夜の天気予報は晴れだったので、富士の雄大な展望を期待していたのだが、見事に裏切られた。山はずっとガスがひどく、山頂の展望はまったくなかった。林道歩きが続く登山道は、歩くこと自体の面白みに欠けるし、今回はフラストレーションの溜まる登山となってしまった。次回は空気の澄む秋か冬の晴れた日に登って、是非とも山頂の展望を楽しみたいと思う。


登山日/天候

2005年8月27日 土曜 / くもり

ルート所要時間

三ツ峠登山口駐車場6:30→第一ベンチ7:25→三ツ峠山荘8:00→木無山8:10→8:50三ツ峠山山頂9:25→(御巣鷹山への道を間違える)→10:10三ツ峠山山頂11:15→ 三ツ峠山荘11:40→第一ベンチ12:05→三ツ峠登山口駐車場12:50

難易度データ (≒)

標高差 : 495m / 累積標高差 : 540m / 歩行距離 : 6.6km / 標準歩行時間 : 3時間5分 (御巣鷹山は除く)




三ツ峠登山口には広い無料駐車場がある。すでに何台もの車が停まっていた。#

山荘までは林道を歩く。かなりデコボコなので普通の車で登るのは難しい。#

この赤い服がペースを乱しまくる。第一ベンチ(オンマウス)までは予想よりも時間がかかった。#

くもり空にときおり晴れ間がのぞく。晴れてくれることを祈りつつ歩いていたのだが…。#

三ツ峠山荘手前のビュー・ポイントに到着。富士山方面は霧で何も見えなかった。#

クジャクチョウをやっと撮ることができた。アサギマダラ(オンマウス)がここでも乱舞していた。#

ビュー・ポイントからしばらく歩くと木無山に着いた。

展望はないかと思ったが、草原の向こうに笠雲を乗せた富士の姿が。これがこの日見た唯一の富士山だった。#

ガスがかかってきたと思ったら、数10秒後にはガスが晴れるといった感じ。#

三ツ峠山荘を過ぎると小高い場所に出る。本来なら開運山が見えるはずだが、真っ白で何も見えなかった。#

開運山の手前で小さいカエルを見つけた。必死で逃げようとする。#

富士見山荘を過ぎると最後の急坂となる。距離はそんなにないので山頂まではすぐだった。#

三ツ峠山(開運山)山頂到着。#

カメラをセットして霧が晴れるのを待つ人もいたが、霧は晴れない。#

山荘近くの小高い場所が見えたが、あっという間にガスがかかって見えなくなった。#

北側の御巣鷹山もガスがかかって見えたり見えなかったり。しばらく休んでから御巣鷹山へ向かった。#

さまざまな蝶が舞っていた。写真はルリタテハとウラギンヒョウモン(オンマウス)。#

御巣鷹山へ向かう途中で道を間違え、また開運山の電波塔に戻ってきてしまった。標識がちょっと不親切。#

再び御巣鷹山へ向かう気力もなく、とりあえず天候の変化を待つことに。日が照りだすと開運山山頂は暑かった。#

ますます霧が濃くなるばかりなので下山することにした。期待していただけに、つい愚痴がこぼれる。#

富士が見られずガッカリする嫁と私を尻目に、娘だけが元気溌剌。うるさいくらい、おしゃべりが続く。#

駐車場に到着。今回は天候に恵まれなかったが、いつかこの借りは返したい。#