西沢渓谷  3回目

 天気が良ければ富士山方面へ行くつもりだったが、ひじょうに暑くなるとの予報だったので西沢渓谷に変更した。3時半起床、4時20分出発。現地には6時半に到着した。早朝はどんよりした天気だったが、秩父を越えたあたりから空が明るくなり、予報どおりの晴れとなった。沢歩きは涼しくて気持ちが良かった。帰りにコンビニへ寄った時、下界の暑さに驚くとともに渓谷の涼しさを実感した。カエルを捕まえようとネットを持参したが、残念ながら1匹も見あたらなかった。
 帰路に秩父市内を通ったので、知知夫国の一ノ宮であった秩父神社へ寄り道した。今回は国道299号ではなく、254号から140号に乗るルートを使ってみたが、皆野寄居バイパスを利用して、行きは2時間ちょっと、帰りは3時間程度の運転ですんだ。  


登山日/天候

2006年9月10日 日曜 / 晴れ

ルート所要時間

村営無料駐車場6:40→迂回路分岐7:00→二股吊り橋7:15→三重ノ滝7:35→貞泉ノ滝8:05→方杖橋8:50→七ツ釜五段ノ滝8:50→方杖橋9:05→貞泉ノ滝9:30→9:50三重ノ滝10:30→二股吊り橋10:45→迂回路分岐11:00→村営無料駐車場11:25

難易度データ (≒)

標高差 : 250m / 累積標高差 : 615m / 歩行距離 : 8.2km / 標準歩行時間 : 3時間40分




今回もすでに車が何台も停まっていた。甲武信ヶ岳へ向かうと見られるパーティの姿もあった。#

迂回路分岐のトイレに寄って、渓谷へ向かう。#

30分ほどで二俣吊り橋。今回も橋の上から鶏冠山がよく見えた。#

沢の音を聞きながら緑の森林を歩くのは、なんとも気持ちが良い。#

吊り橋からしばらく歩くと、大久保ノ滝が見られる。ここが最初のビュー・ポイント。#

階段を上って下ると三重ノ滝が見られる滝見台に出る。流れ落ちる滝の音が大きい。#

他に誰もいなかったので、のんびり記念撮影。#

滑らかな棚岩と清流の眺めは、何度見ても素晴らしい。ここからは左に沢を見ながらの渓谷歩きとなる。#

フグ岩や人面洞などの見所を眺めながら、整備された遊歩道を歩いていく。#

しばらく上ると竜神ノ滝が見えてくる。#

竜神ノ滝からしばらく上りが続く。#

上って下りると貞泉ノ滝。#

滝の轟音が全身に響きわたる。この音を体感することは渓谷歩きの醍醐味の一つと言える。#

いつ来てもカエルのようなカエル岩。ネットを持参していたが、本物のカエルには出会えなかった。#

あまり疲れていなかったので、方杖橋を越えて七ツ釜五段ノ滝まで上った。#

七ツ釜五段ノ滝。下の滝壺まで降りていくハイカーも何人かいた。#

七ツ釜五段ノ滝の上段部分が見える場所まで上った。枝葉が伸びて、視界がさえぎられていた。#

森林軌道跡よりも沢歩きがしたいという娘の意見で、今回も往路を戻ることにした。(混雑時は一方通行らしい)#

もう少し先があると思いつつ三重ノ滝まで戻ってしまったので、そこで食事にした。暑くなってきたが日陰は涼しい。#

川の水はあまりに冷たく5秒が限界。川から上がっても回復までしばらく動けなかった。#

ゆっくり休んでから渓谷を後にした。日差しが強くなり、緑がますます鮮やかだった。#

これから渓谷へ向かう軽装のハイカーとたくさんすれ違った。我が家は午前中でハイク終了です。#

                 秩父神社編