アヤメ 菖蒲

2024年5月 東京都八王子市 高尾山

基本データ&特徴

  • アヤメ科 / 多年草 / 花期 5-7月 / 北海道~九州
  • やや乾いた草原に生える。
  • 花茎は高さ30~60cmほどで、紫色の花を2~3個つける。
  • 外花被片は紫色、基部中央は黄色く、青紫色の網目模様がある。
  • 内花被片はへら形で、直立する。
  • 葉は剣状線形で中脈は目立たない。

名前の由来

  • 剣状の細い葉が縦に並んでいる様子が、文目 (あやめ) 模様に見ているため。

※ 同じ漢名のショウブとアヤメにはややこしい歴史があり、名前の由来についても諸説ある。

アヤメ、ハナショウブ、カキツバタの見分け方

  • 花弁の根元を見れば、比較的簡単に見分けがつく。アヤメは網目模様、ハナショウブは黄色い線、カキツバタは白い線が入る。
  • 生息場所が違う。アヤメは乾燥した場所、ハナショウブは水辺などの湿った場所、カキツバタは水中に生える。

アヤメとヒオウギアヤメの見分け方

  • アヤメの3個の内花被片は直立するが、ヒオウギアヤメの内花被は小さく退化して目立たない。
  • アヤメは比較的乾燥する山地の草原に生えるのに対し、ヒオウギアヤメは湿地や湿った草地に生える。
  • アヤメの花茎が1本だけのに対し、ヒオウギアヤメは花茎が分枝する。

アヤメの写真

2024年5月 東京都八王子市 高尾山
2024年5月 東京都八王子市 高尾山
2024年5月 東京都八王子市 高尾山
2024年5月 東京都八王子市 高尾山
2024年5月 東京都八王子市 高尾山
2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳
2021年7月 四阿山・根子岳
この本で調べたよ / 参考文献
写真が豊富で、特徴をつかむための説明がコンパクトに過不足なくまとめられているので、とても重宝する山渓ハンディ図鑑シリーズの一冊。公園や道端で撮った花の同定と学習に使用中です。
¥4,620 (2024/05/02 16:48時点 | Amazon調べ)
散歩で見かける外来種や園芸種は、図鑑を見るより本書で探す方が早く同定できることが多い。コンパクトなので携帯にも便利な一冊です。
¥1,540 (2024/05/03 07:50時点 | Amazon調べ)
散歩で見かけた知らない花は、まず本書で探してみる。「散歩で見かける野の花・野草」と写真や内容を比較して、草花のことを学んでいます。
¥1,650 (2024/05/03 07:51時点 | Amazon調べ)
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次