2021/1/31 金勝山・官ノ倉山

目次

今回の登山コースについて

新型コロナ禍による緊急事態宣言下ではありますが、近場の低山ハイクに出かけてきました。本当はロウバイが見頃になっている筑波山へ出かけたかったのですが、越県はしない自己ルールがありますので、やはり今回も県内の低山を選択しました。

打田鍈一著「埼玉県の山」の40金勝山・官ノ倉山コースを参考にして、笠原集落内の無料駐車場を起点に、東登山口からまずは金勝山に登り、裏金勝山、小川げんきプラザ、西金勝山、浅間山とプチ縦走してから南登山口側へ下山。次にJRと国道を越えて宮ノ入集落を進み、天王池でひと休みしてから官ノ倉山、石尊山と登って下山。北向不動に立ち寄って笠原の駐車場へ戻りました。

気持ちのよい登山日和で、久々の低山ハイクを楽しみました。ちなみに金勝山で見かけた登山者は数名でしたが、官ノ倉山では10数組の登山者とすれ違いました。

金勝山ハイク ピックアップ写真

8時過ぎに駐車場を出発。笠原の集落を進む。
国道に出て、道沿いを西側へ進む。正面にこれから向かう金勝山が見えていました。
JR八高線を渡り、東武東上線沿いを歩く。東武竹沢駅を通過。東登山口はもう少し先。
東登山口から山道へ入る。第一避難小屋を過ぎて道標に従い金勝山へ向かいます。
9時半過ぎに金勝山に到着。
北側に日光連山や榛名山、赤城山などがよく見えた。真ん中は男体山。
裏金勝山を過ぎて小川げんきプラザへ。閉鎖中だったが、2階のデッキに上がることはできました。
西金勝山を通過して南登山口側から一気に下り、JR沿いを東へ向かいます。
国道交差点まで戻り、次は官ノ倉山へ。

官ノ倉山 ピックアップ写真

宮ノ入集落内で見かけたモズ。
国道交差点から天王池までの車道歩きが長かった。
天王池の東屋でひと休み。ここで昼食にしました。
東屋で見かけたネコ。しばらく休んでから官ノ倉山へ向かいました。
山頂直下の急登を上ります。
天王池から30分ほどで官ノ倉山に到着。一息ついて隣の石尊山へ。
12時半 石尊山に到着。2組の登山者が休んでいました。
北側の眺め。奥に赤城山と日光白根山。中央には小川げんきプラザ、右には金勝山。5分ほど休んで下山開始。
石尊山直下の急坂を下り、北向不動でお参りしてから先へ。
13:20 笠原の駐車場に到着。低山ハイクをのんびり楽しめました。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次